iPhoneとAppleTVだけでミラーリングをする方法

iphone5s-gallery1-2013

iPhoneの画面をそっくりそのまま教室の大型テレビに映す方法を紹介しました。

詳しい設定方法は、こちらをご覧ください。

しかし、ある条件を満たしていると、iPhoneとAppleTVの2つさえ揃えればAirPlayミラーリングを行うことができます。Wi-Fi端末を用意したり、AirMac Expressを購入する必要がなくなります。

条件

・お使いのiPhoneがiPhone5、iPhone5c、iPhone5sであること

2013-12-08 5.36.49

・携帯キャリアが提供するテザリングオプションに加入していること

設定方法

1.iPhoneの名前を変えておく

テザリングを利用すると、他のどの端末からもWi-Fiのネットワーク名としてあなたのiPhoneの名前を知られてしまいます。

例えば、デフォルトのまま自分の名前をiPhoneの名前として設定していると、見ず知らずの人があなたの近くでWi-Fiのネットワークを検索する時に、あなたの名前もリストに上がってしまうのです。

iPhoneの名前を、誰に知られても個人名が特定されないようなものに変更しておきましょう。

IMG_1840

『設定』をタップします。

IMG_1841

『一般』をタップします。

IMG_1842

『情報』をタップします。

IMG_1843

『名前』の項目があなたの個人名を特定できるようなものだったら、タップして変更しましょう。

IMG_1844

不特定の数字の羅列など、あなたが見て分かる文字列を指定します。

Wi-Fiのネットワーク名は自動で検出されますので、特に控えたりする必要はありません。

2.Wi-Fiをオンにする

IMG_1840

『設定』をタップします。

IMG_1845

『Wi-Fi』をタップします。

IMG_1846

Wi-Fiをオンにします。

3.インターネット共有をオンにする

IMG_1840

『設定』をタップします。

IMG_18451

『インターネット共有』をタップします。

IMG_1847

インターネット共有をオンにします。

IMG_18471

『”Wi-Fi”のパスワード』を控えるか、この画面を維持しておきましょう。

3.AppleTVの設定をする。

Apple TV をテレビと接続します。

※AppleTVとテレビとを接続するには、別途HDMIケーブルが必要です。

IMG_1824

付属のリモコンで操作します。『設定』を選択してください。

IMG_1804

『一般』を選択。

IMG_1806

しばらく待つと、『ネットワーク』の項目に先ほど設定したネットワーク名(iPhoneの名前)が表示されますので、選択します。

IMG_1807

『設定したネットワーク名(iPhoneの名前)』をさらに選択。

IMG_1808

場合によっては、この画面で複数のWi-Fiが検出されることがあります。先ほどのiPhoneの名前のネットワーク名を選択します。

IMG_1809

パスワードが要求されますので、先ほど控えておいたiPhoneのインターネット共有Wi-Fiのパスワードをリモコンで入力します。

入力が完了したら『送信』を選択します。

設定はこれで完了です。

IMG_1849

iPhoneの画面を見ると、最上部に『インターネット共有:1台接続中』と表示されます。

 iPhoneのAirplayミラーリングを起動する

IMG_17101

コントロールセンターを表示させます。

どの画面からでも、液晶の最下部から上に向かってスワイプすると、コントロールセンターが表示されます。

IMG_16412

iPhoneとAppleTVが、インターネット共有(テザリング)でシェアリングされると、上記のように『AirPlay』のボタンが表示されます。

表示されたらタップします。

IMG_1642

AirPlayの項目の中に『AppleTV』が表示されますので、タップします。

もし、『AppleTV 』が表示されない場合、ホームボタンで一度ホームに戻り、再びコントロールセンターを表示、『AirPlay』をタップし、同じ手順をくり返してみます。多くの場合は、これで『AppleTV 』が表示されるはずです。

IMG_18021

『ミラーリング』が表示されますので、スワイプしてミラーリングをオンにします。

すると、大型テレビにiPhoneの画面がミラーリングされます。これで設定はすべて終了です。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>