ブラックすぎる教員の労働環境について【せやろがいおじさん】

働き方改革
ブラック過ぎる教員の労働環境について【せやろがいおじさん 】

沖縄出身のお笑いコンビ「リップサービス」の榎森耕助が、「せやろがいおじさん」として時事問題についての意見を2分程度で叫ぶと言うシンプルな動画。

 

これが今、Twitterを中心に大きな話題になっています。

 

 

 

ブラックすぎる教員の労働環境について(全文)

おーい、教育界〜

労働環境ブラックすぎ〜

 

小学校教員の約6割中学校教員の約7割が過労死ラインを超える長時間労働をしてるらしいやないか!

 

実際この十年間で過労死で亡くなってる教員の方は63名にものぼるんや!

年間にして6名もの方が亡くなってるんや!

民間でこんな会社あったらめちゃくちゃ叩かれてると思うぞ!

 

しかも給特法という法律があって、これはどんだけ時間外労働で働いても休日出勤しても給料月額の4%分しか支払われへんという法律や。

つまり、月に10万円給料もらってる教員の方がいたとして、その人が月に100時間残業しても、200時間残業しても、休日出勤しまくっても、その分の手当は4,000円て固定で決まっているということやねん。

 

こんな定額働かせ放題のシステムで頑張ってんの、教員かスマホぐらいや!

現状をどうにかするには、人を増やすか仕事減らすかするしかないのに、

今新しく、英語教育消費者教育や、ITプログラミングまで先生が教えなあかんようになって、生徒に教えるための勉強したり授業準備したりする時間も作らなあかん。

なのに、人を増やすどころか、財務省は逆に教員の数減らさへん?的なことを言うてきとるんや。

 

これ、

「タンスに洋服パンパンに入ってるけど新しい服買ってきてもうたなぁ、よしタンス減らそ」

みたいな訳わからんことになってんねん。

 

さらに、保護者からは

「うちの子供は箸の持ち方おかしいんですけど学校でちゃんと教えてますか」

っていう声があったり

市民からは

「コンビニの前でオタクの生徒がたむろしてるからどうにかして!」

って言うお問い合わせが毎日のように来るらしい。

 

そこでシンプルな疑問なんやけど、子供って教員だけが育てるもんやったっけ?

今回は実際に長いこと教員やってる方から色々とお話伺ってこの動画を作ったんやけど、

その方は本当にやりがいある仕事なんですよって目をキラキラ輝かせながら色々と辛いお話もしてくれた。

その方が、唯一顔を歪ませながら言った言葉があったんや。

それが、

子どもと向き合う時間がないんです

と言う言葉や。

 

その方は、自分の辛い状況よりも、教育の質が下がってることを憂いてたんや。

こんな子供のためだったらなんでもしてしまう真面目で誠実な教員の方から潰れていく状況があるんや。

未来の日本を支える若者を育てる場が、これではやっぱりあかんと思う。

財源の問題もあると思う。

でも、教育に金かけれん国に未来はないんとちゃうやろか!?

学校教育への期待が高いのわかるけど、

教員だけに任さず、

親、地域、よってたかって手ぇ組んで、

みんなで子供、育ててこ〜

 

せやろがい


非常によく本質をついた内容になっていると思います。

広く認知され、少しでも行政が動いてくれることを願うばかりです。

 

こちらのページも参考にしていただければと思います。

【最低賃金以下の教師の給与】時給936円の現実と働き方改革
日本の学校現場で問題視されている教師の超過勤務。過労死ラインとされる月80時間を超える勤務を強いられる教員の割合は、小学校で3割。中学校に至っては6割という実態が常態化しています。 5年前、2013年11月に下記の記事を書いた...

 

公立教員の初任給、時給679円!?
公立小学校の教員の給与を、財務省が来年度から1.7%削減する調整を行っているといいます。年収が400万円の教員で年間7万円。年収が600万円の教員で年間10万円の引き下げということになります。 そんな中、OECD(経済協力開発機構)よ...

 

#RED for ED
#RED for ED とは 『#RED for ED』をご存知ですか? (英文サイトです) 「#RED for ED」は、アメリカのアリゾナ州やノースカロライナ州で始まった教育行政の改善を求める運動です。 ...

 

教員たちの悲痛!『#先生死ぬかも』
Twitter上で、あるハッシュタグが広く拡散されています。 その始まりは、たかまつななさんのこのツイート。 24時間で1500件以上のリツイートがあり、有名人もこのツイートをリツイートし賛同の意を表して...

 

労働基準法はかえって教師を追いつめる!教師の働き方改革
地方公務員である学校の教員の労働時間が1日あたりどのくらいであるか、みなさんはご存知ですか。 学校現場で働く教員の1日の労働時間は、地方公務員法により7時間45分というきまりがあります。 しかし、実際の現場では、多くの教員がこの...

コメント