教室の大型テレビに、iPhoneの画面を映す方法

iPhoneをお持ちの先生は意外と多いのではないでしょうか。iPhoneの便利な機能やアプリ。「授業で使えたらなぁ。」「子どもたちに見せたいなぁ。」と思われたことはありませんか。

そんなiPhoneの画面。教室の大型テレビに映して子どもたちに提示することができることをご存知ですか。しかも、iPhoneにはケーブルを一切接続しないで、ワイヤレスでiPhoneの画面をテレビに映すことができるのです。

YouTubeの動画も、Google Mapsの地図や衛星写真も、ウェブサイトも、写真も、音楽も、時計やタイマーもワイヤレスで大型テレビに映すことができます。

カメラ機能で書画カメラの代わりにもなります。

iPhoneの機能すべてを、教室の大型テレビやプロジェクターに映し出すことができるAirplayミラーリング機能。

その設定方法を紹介します。

準備するもの

  • iPhone(iPhone4S以降の機種でAirplayミラーリングが可能です。)

  • iPod touch

  • Apple TV (第2世代移行のAppleTVでAirplayミラーリングが可能です。)

Wi-Fi環境を作る

ワイヤレスでiPhoneの画面を教室の大型テレビに映し出すには、教室内にWi-Fiの環境を作る必要があります。

よく誤解されるのですが、Wi-Fi環境を作るにはインターネット契約をしたり、学校のインターネット回線に繋がなければならないと思われがちです。しかし、iPhoneでAirplayミラーリングを行うのに、必ずしもインターネット環境は必要ありません。つまり、インターネット契約をしないので無料(タダ)でiPhoneの画面を大型テレビに映すことができるのです。

Wi-Fi環境を作るのにおすすめな機器は、何と言ってもAppleが提供しているAirMac Express です。

設定はiPhoneを使って数分で完了しますし、ホームシェアリング機能を使ってiPhoneに保存した音楽をワイヤレスで遠く離れたスピーカーから流すことも可能です。

AirMac Expressの設定方法

1.AirMac Expressを電源に接続する

2.iPhoneからAirMac Expressを初期設定する

IMG_1729

設定をタップします。

IMG_1794

Wi-Fiをタップします。

IMG_1795

Wi-Fiをオンにしてしばらく待つと、『新しいAirMacベースステーションを設定…』という項目が表示されます。

AirMac Expressのベースステーションをタップします。

IMG_1796

『ネットワークに関するデータを収集中… 』と表示されますので、しばらく待ちます。

IMG_1797

ネットワーク作成画面が表示されます。

『ネットワーク作成』にチェックを入れ、『ネットワーク』『装置』の名称を任意で設定します。

『ネットワーク』 については、デフォルトで「<iPhoneの自局番号の名前>のWi-Fiネットワーク」という名称になっています。Wi-Fiのネットワーク名は第三者からも(Wi-Fiを検索できる端末を持っている人からは誰からでも)閲覧可能なため、個人名での設定は避けた方が無難です。基本的にはWi-Fiのネットワーク名は自動検出されるため、覚えたりする必要はありませんから、不特定の数字列などをネットワーク名として設定することをおすすめします。(『装置』の名称についても同様です。)

パスワードを設定し、確認のため合計2回入力します。(パスワードを忘れてしまわないように、控えておきましょう。)

IMG_1798

パスワードを保存します。

IMG_1799

Ethernetケーブルの接続を求められますが、前に説明した通り、Airplayミラーリングの使用には必ずしもインターネット接続は必要ありません。

今回はインターネット接続を省略しますから、上部の『次へ』をタップします。

IMG_1800

インターネット未接続のアラートが出ますが、『続ける』をタップします。

IMG_1801

先ほど設定したネットワーク名で『検索中…』と表示されますので、しばらく待ちます。

IMG_1802

上記のような画面が出れば、設定は完了です。これでWi-Fi環境が整いました。

AppleTVの設定をする

※AppleTVとテレビとを接続するには、別途HDMIケーブルが必要です。

1.AppleTVを電源に接続する。

2.AppleTVを初期設定する。

IMG_1824

付属のリモコンで操作します。『設定』を選択してください。

IMG_1804

『一般』を選択。

IMG_1806

しばらく待つと、『ネットワーク』の項目に先ほど設定したネットワーク名(AirMac ExpressのWi-Fi)が表示されますので、選択します。

IMG_1807

『設定したネットワーク名(Wi-Fi)』をさらに選択。

IMG_1808

場合によっては、この画面で複数のWi-Fiが検出されることがあります。先ほどAirMac Expressで作成したネットワーク名を選択します。

IMG_1809

パスワードが要求されますので、先ほどAirMac Expressで設定したWi-Fiのパスワードをリモコンで入力します。

入力が完了したら『送信』を選択します。

IMG_1810

しばらく(数分間)待つと、上記のようなアラートが表示されます。

今回はインターネットに接続せずにAirplayミラーリングを行いますから、『インターネットに接続せずに続ける』を選択します。

IMG_1812

『IPを構成』では、『自動』を選択。これでAppleTVの設定も完了しました。iPhoneを使ってAirplayミラーリングを行うためのすべての準備が整いました。

 iPhoneのAirplayミラーリングを起動する

IMG_17101

コントロールセンターを表示させます。

どの画面からでも、液晶の最下部から上に向かってスワイプすると、コントロールセンターが表示されます。

IMG_16411

コントロールセンターが表示されたら、Wi-FiとBluetoothのボタンをタップしてオンにします。

このとき、AirMac ExpressのWi-Fiに接続するようにします。

IMG_16412

iPhoneとAppleTVが、AirMac Expressのネットワーク上でシェアリングされると、上記のように『AirPlay』のボタンが表示されます。

表示されたらタップします。

IMG_1642

AirPlayの項目の中に『AppleTV』が表示されますので、タップします。

もし、『AppleTV 』が表示されない場合、ホームボタンで一度ホームに戻り、再びコントロールセンターを表示、『AirPlay』をタップし、同じ手順をくり返してみます。多くの場合は、これで『AppleTV 』が表示されるはずです。

IMG_18021

『ミラーリング』が表示されますので、スワイプしてミラーリングをオンにします。

すると、大型テレビにiPhoneの画面がミラーリングされます。これで設定はすべて終了です。

うまくいかない時は

テレビの電源はオンですか?

意外と見落としがちですが、テレビの電源がオンになっているかもう一度確かめましょう。また、テレビのチャンネルがAppleTVを接続した外部入力(HDMIチャンネル)になっているかも確かめましょう。

AppleTVの電源はオンですか?

AppleTVは、一定時間後に電源が切れます。電源が切れると本体前面のランプが消灯していますので、それで確認をすることができます。AppleTVのリモコンのホームボタンを押してAppleTVを起動しましょう。

iPhoneとAppleTVが同じネットワークでシェアリングされていますか?

AppleTVは、よほどのことが無い限り最初の設定から変更することはないのでAirMac Expressに接続されているはずです。iPhoneのWi-Fi(設定>Wi-Fi)を確認してみましょう。AirMac Expressに接続されていれば問題ありません。

スポンサーリンク
レクタングル
レクタングル

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル