毎週土日に出勤していたボクが、休日出勤をやめました

小学校に勤務して、7年が経過しました。初任者の頃からずっと、平日では終わらない仕事を土日に出勤して消化してきました。そうしなければ、仕事なんて終わらないと思っていたし、休日出勤するのが当たり前だと思ってきました。

しかし!!昨今話題の、働き方改革関係の記事を目に。

名古屋市では残業が月平均90時間に達するなど、多忙な新任教員。特に運動部顧問の負担は大きく、軽減を優…
谷本真由美 電通の新入社員の方の自殺が労災認定された件が話題になっています。東大を卒業して電通に入社した高橋まつりさんは、入社後にインターネット広告を担当するデジタル・アカウント部に配属されましたが、月の残業時間が105時間を超え、昨年12月のクリスマスの日に会社の寮から投身自殺してしまいます。 ユルユルと仕事してい...

2017年、すでに3ヶ月が経過している訳ですが、今年は意識改革をしようと。休日にはしっかり休んで、土日は出勤しないぞと。そう決めた訳です。

やればできた!休日をしっかり休む!

平日のやりきれなかった仕事、いや、やり残した仕事を土日にまわしていたことがすべての元凶だった訳です。そこから改革しました。

まずは、子どもたちの課題やワークブックなどの丸付けは、授業中に済ませてしまうようにしました。子どもたちにとっても、その場で丸かバツか分かるので、間違いをその場で直せるというメリットもありました。

宿題を毎週手作りしているのですが(プリント)、その作業を平日の空き時間(週に2時間ある)に済ませてしまうようにしました。これまでは、土曜の午前中に問題制作、データを学校に持っていき印刷、といった具合でした。これらの作業をすべて課業中の空き時間にまわしました。

わたしの学校は、週案(1週間の授業計画)を月曜日に管理職に提出するのですが、その計画もこれまでは土日に行っていました。これを、やはり平日の空き時間のなかで済ませるようにしました。

あれ?!そもそも、それではこれまで平日の空き時間には何をしていたのだろう、という疑問が沸き起こります。これまでは、子どもの課題、ワークブックの丸付けに費やしたり、校務分掌の仕事をしたり、なんてことで時間を使っていたんです。

時間の使い方を整理し、必要最小限にすることで土日に仕事していた部分を平日に整理することに成功しました。

休んでしまう!という思い切り

土日は出勤しない!行かなくても大丈夫!と思い切ってしまうことが大切だと感じました。

これまでは、土日のどちらかを出勤して授業準備やらなにやらをしないと不安だったんですね。でも、潔く「休みの日は休む!」と割り切って休んでしまった方が、かえって効率的で気持ちにゆとりが出てきます。

ただ、多少仕事を家に持ち帰ってしなければならなくなる部分もあります。ただ、家でじっくり仕事に向かうことができるので、横やりや無駄話などもなく効率的だと感じています。

今週末から!とりあえずやってみる!

結局はこれだと思います。まず、休んでみる。土日はきっちり。

すると、意外となんとかなるもんなんです。仕事はだまっていてもやってきます。だからこそ、休みの日はしっかり休む!これが大事だと思います。

成績の時期や、どうしても行事前などは土日に出勤する日もありますが、土日両日ともということは今年は今のところありません。

とにかく始めてみること、やってみることがポイントです。

スポンサーリンク
レクタングル
レクタングル

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル