オバマ大統領の広島訪問スピーチ│小学校高学年向け意訳

アメリカのオバマ大統領が5月27日に行った広島訪問でのスピーチ。

アメリカ大統領としては初めて被爆地を訪問し、原爆死没者慰霊碑に献花しました。

英文による全文

Seventy-one years ago, on a bright cloudless morning, death fell from the sky and the world was chan

日本語訳による全文

現職のアメリカ大統領として初めて被爆地・広島を訪問。オバマ氏は何を語ったのか。


どちらも子供達が読むには少々難解かと思い、かなり内容を圧縮して読みやすい(?)意訳版を作りました。

内容に忠実に、かつ小学生でも読みやすいよう配慮したつもりです。

ご指摘、ご意見などあれば加筆訂正いたします。


今から七十一年前のよく晴れた朝、広島に原子爆弾が投下されました。第二次世界大戦では、十万人をこえる人々が亡くなりました。大勢の犠牲者の魂が、私たちに語りかけています。歴史をしっかり振り返り、あやまちを反省するように求めているのです。

世界では今もなお戦争が起きています。戦争は、豊かさを過剰に求め、ある一部の民族だけを優遇するような思想によって引き起こされます。それによって、ある民族は奴隷として苦しい生活を強いられたり、多くの罪のない人々が尊い命を失ったりしてきました。

戦争を引き起こしてきた国の多くは豊かな国々でした。そこには優れた芸術家や思想家がいて、正義や調和の大切さをよく理解していました。しかし、自分の国を豊かにしたいという利己的な気持ちが勝り、他の国を支配したり征服したりしてしまったのです。

技術が進歩し社会が豊かになるにつれて、本当に大切なことを見失い、戦争や暴力を許してきてしまいました。どの宗教も「愛」「平和」「正義」を掲げているのにもかかわらず、です。現在の私たちは、インターネットの技術によって遠く離れた異国の人ともリアルタイムに通信したり、航空機に乗り空を飛んだり、病気を治したり、宇宙に行ったりすることさえできるようになりました。しかし、これらの技術が人々の命を奪い、破滅をもたらす道具として使われていることも事実です。

広島の町の中心に立って、原子爆弾が投下された瞬間を想像してみましょう。多くの人々の叫び声や、子ども達の恐怖を思い起こすとき、これまでに起こったすべての戦争で犠牲になった人々を追悼せずにはいられません。

私たちは、こういった苦しみを二度と繰り返さないために、すべての国々と協力し、平和な社会を作る責任をお互いに負っていかなければなりません。そして、これまでの考えをもう一度見直し、変えていく必要があります。近い将来、被爆した人々の声が届かなくなる日が来るとしても、私たちは一九四五年八月六日の記憶を決して絶やしてはいけません。あの日の記憶を語り継ぐことで、世界に変化を生み出すことができるのです。

アメリカと日本との友好関係は、戦争を通して得られる豊かさをはるかに上回るものを生み出してきました。世界では、貿易や文化による結びつきを深めるために国際連合を構築し、戦争を防ぎ核兵器の縮減に向けての条約を作り上げました。それでも、世界では侵略やテロが後を絶ちません。私たちは、人間の悪事のすべてを取り除くことはできないのかもしれません。だからこそ、核保有国は核兵器を手放す勇気を持たなければならないのです。

私が生きている間には、この願いは叶わないかもしれません。しかし、実現に向けて努力し続けることが大切です。核兵器の保有数を減らし、悪用しようとする者たちに手渡さないようにすることが求められています。

しかし、核兵器を根絶することだけでは世界の平和を達成することはできません。世界の平和を実現するには、私たち一人一人の考え方を変えることが必要です。問題を争いによってではなく、話し合いによって解決するようにしていかなければなりません。そのためには、協力する心が求められます。暴力的な競争心からは何も生まれません。お互いのつながりを大切にし、同じ人類として、地球に暮らす一員として、手を取り合うことこそがこれからの私たちに必要なことなのです。過去のあやまちから学び、よりよい未来を選択することができるのは、まぎれもない私たちなのです。そうすれば、これからを担う子どもたちに新しい道筋を示すことができるでしょう。

どの国のどの人もみな同じ人類であるということ。すべての人々が平等で、生まれながらにして幸せな生活を送ることができる権利をもっているということ。そのために、すべての国のすべての人々が理想に向かって努力し続けることが必要です。私たちは「人類という名の家族の一員」なのです。

わたしは思い浮かべます。愛する家族のことを。朝起きたときの子ども達の笑顔。テーブルを囲んで朝食をとるときの他愛のない会話。両親の腕に抱かれたぬくもり。これらの情景は、七十一年前のあの朝、この場所に確かに存在していました。

亡くなった人々は、私たちと全く変わらない一人一人の人間です。そのことを理解すれば、これ以上戦争が生まれることはないと確信しています。科学の力は、人生を豊かにすることにこそ使われるべきです。国家のリーダーが国の未来を決定するとき、広島の経験から多くのことを学ぶことができるでしょう。

今日、たくさんの子ども達が広島で平和な日々を送っています。なんとすばらしいことでしょう。私たちは、子ども達の平和な生活を守り、世界中に広げていかなければなりません。このことこそが、私たちが選ぶべき未来なのです。

スポンサーリンク
レクタングル
レクタングル

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル