小学校入学の前に知っておくと便利な小技

IMG_9899-min

まもなく入学シーズンです。

小学校に入学を予定しているお子さんをお持ちの親御さんは、そろそろ準備が始まり出す時期です。

入学式が終わってしまうと、怒濤の日々の中であっという間に4月が終わってしまいます。

毎日持ち帰ってくる膨大な量のお便り(プリント類)を読み、持ち物やら、名前書きやら、集金やら、何種類もの調査票やらでバタバタです。

そんな怒濤の日々を向かえる前に、準備しておくと便利な物、知っておくと得する小技を紹介したいと思います。

参考にしていただければ幸いです。

どの家庭にもあるアレを使う

IMG_9887-min

まず、親御さんを待っているのが、膨大な量の名前書きです。

鉛筆、消しゴムなどの全ての持ち物はもちろん、学校に持っていくありとあらゆる物に名前を書きます。

しかも、ほとんどの教師は、4月に入ってすぐにすべての持ち物に名前が入っているか、子どもたちの持ち物をチェックします。

もちろん、名前の無い物があれば、即連絡帳などで「名前を書いてきてくださいね」等と指摘を受けます。

名前を書かなければならない持ち物のうち、2年生以降にも使うことが予想されるものが数多くあります。

  • 名札
  • お道具箱
  • 鍵盤ハーモニカ
  • はさみなどの文房具 …

これらのものは、消耗品でなく、かつ次年度以降も必要な物です。

学年・組を油性ペンで書く前に!!

これらの、次年度以降も使いそうな物に油性ペンで学年・組を書いてしまうと、新しく書き直すか、修正テープ等で補修するかしなければなりません。

これらの作業は、意外と面倒で、しかも何より見栄えが大変悪くなってしまいます。

そこで登場するのが、どこの家庭にもあるセロハンテープです。

セロハンテープを貼ってから学年・組を!

IMG_9893-min IMG_9899-min

表面がプラスチック等の素材の場合は、セロハンテープを直接学年・組を書く表面に貼ります。その上から学年・組を油性ペンで書けば、次年度に進級する際にペリッと剥がせば修正する手間も新しく買い直す手間もかかりません。

名札

IMG_9888-min IMG_9889-min

IMG_9893-min IMG_9894-min

名前だけを書いた下紙をプラスチックケースに入れ、学年・組の表面にセロテープを貼ります。

セロテープの上から油性ペンで学年・組を書けば、2年生にどのクラスになっても同じ名札を使うことができます。

鍵盤ハーモニカ

IMG_9895-min IMG_9897-min

鍵盤ハーモニカも、2年生以降も使う物です。

学年・組の所にセロテープを貼り、その上から油性ペンで書きましょう。

お道具箱

IMG_9899-min IMG_9900-min

お道具箱も、6年間使うものです。

学年・組の所にセロテープを貼り、油性ペンで書きます。

表面が紙素材で、セロテープを剥がす時に破けてしまいそうなら、セロテープを貼った上にもう一度セロテープを貼れば安心です。(2枚貼り)

リコーダーなどにも応用可能!

IMG_9903-min IMG_9904-min IMG_9905-min

名前書きの強い味方!

1年生だけで使う物や、消耗品についても、そのすべてに名前を書かなければなりません。

すべてを油性マジックで手書きをするのは、心が折れそうになる程途方も無い作業です。

想像してみてください。

算数で使う、「たし算・ひき算カード」の一枚一枚すべてに名前を書かなければなりません。

クレヨンの一本一本、クーピーの一本一本、教科書やノートだけでも十数冊になります。

名前スタンプで解決!

名前スタンプを使うことで、煩わしい作業の手間をいくらか軽減することができます。

中には、名前シールを注文して貼る親御さんもいますが、大抵の場合、使っているうちにシールが剥がれてしまって結局名前を書き直さなければならない、ということが多いようです。

他にも、以下のようなタイプもあるので、いろいろ調べてみて、用途に合わせて早めに準備されると良いかもしれません。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>