2015年卒業式で歌いたい卒業ソング10選

sakura

昨年度に「卒業式で歌いたい卒業ソング10選」をご紹介したところ好評をいただきましたので、今年も心が温まる卒業ソングを10曲ご紹介したいと思います。

2014年卒業式で歌いたい卒業ソング10選(昨年度のもの)

ありのままで

作詞・作曲:Kristen Anderson-Lopez/Robert Lopez  日本語詞:高橋知伽江

降り始めた雪は 足跡消して
真っ白な世界に ひとりのわたし
風が心に ささやくの
このままじゃ だめなんだと

とまどい 傷つき
誰にも打ち明けずに 悩んでた
それももう やめよう

桜の季節

作詞:ATSUSHI 作曲:ATSUSHI、マシコタツロウ

いつもおなじ 季節なのに 少し切ないのはなぜ
それはきっと 別々の道を歩く事を 分かっているから

当たり前のように日々が 過ぎていったよね
あっという間 机の落書きももう二度と見る事もないのかな
なぜか涙が溢れ出す

友〜旅立ちの時〜

作詞・作曲:北川悠仁

友 今君が見上げる空は どんな色にみえていますか?
友 僕たちに出来ることは 限りあるかも知れないけれど

確かな答えなんて何一つ無い旅さ 心揺れて迷うときも
ためらう気持ちそれでも 支えてくれる声が
気づけば いつもそばに

さよならは言わない

作詞・作曲:若松歓

夕焼けに染まる校舎 鉄棒やジャングルジム 毎日見てた景色強く胸に刻んで
僕と私と 笑ったこと 君とあなたと ケンカしたこと
ふざけて立たされたことも いつか懐かしくなる

涙をかみしめると すごくせつないけれど…

前へ!

作詞・作曲:ruriko

幾千年の時の中 同じ人はいない
過去にも未来にも 同じ人は生まれない
この星でただ一人 宇宙でただ一人にきみ

わからないことにぶつかって とまどうときもあるけど
悩むことは 大きくなるためのエネルギー

クラスの星座

作詞:里乃塚玲央 作曲:西澤健治

ボクたちの今の歴史が ならんでいる場所
クラスって 夜空に浮かぶ星座ににている

いつも近くにいるから 見えないけど
離れてると どこかでホラ 光り始める

次の空へ

作詞・作曲:弓削田健介

10年後の僕を 遠い空に浮かべる
心の荷物降ろして 素直に戻って

真っ青のキャンバスにたくさんの笑顔
その中で少しだけ大人になった僕も 一緒に笑ってる

生きて行く素晴らしさを 少しわかり始めた夏の日
君と見た夢の続き 僕は歩いてゆくよ

おそすぎないうちに

作詞・作曲:中山真理

なくしてしまってから その大切さに気づいて
悔やんだり 悲しんだりしても 遅すぎるよ

もしかしたら一番 この世で大切なものは
普段あまりに身近すぎて 気にもとめていないかも

今あるすべてのものは あたりまえなんかじゃなく
今あるすべてのものが 奇跡的にあるとしたら
君はどうやってそれを 守るだろう

桜色

作詞・作曲:山崎朋子

旅立ちの時 友の顔に流れる涙一筋に
落ちては消える春の日差しが 悲しみ毎ぜんぶ溶かしている

さよならなんて 言いたくない離れたくないのに
どうして今日という日が来るのだろう

桜舞い散る季節に 僕ら旅立つ時が来る
桜舞い散る道の上を 思い出踏みしめながら歩き始める

ぜんぶ

作詞:さくらももこ 作曲:相澤直人

たいせつなことは ぜんぶここにある
泣くこと 笑うこと 怒ること 喜ぶこと

あたりまえの気持ちは あたりまえのものとして
そのまま 今ここにある

昨年の10選

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>